仮想通貨

仮想通貨の”取引所”と”販売所”の違いを解説!

仮想通貨の”取引所”と”販売所”の違いを解説!

「仮想通貨を購入しよう」と思えば、仮想通貨を取り扱っている交換所に口座を開設し、購入する流れになります。

しかし、実際に購入する際に、少し悩むポイントがあります。

そのポイントは、以下の赤枠部分です。

例えば、

「ビットコインが欲しい」と思い、国内最大手の仮想通貨交換所bitFlyerに口座を開設したとしましょう。

そして、日本円を入金し、仮想通貨を購入する時に、上記の赤枠部分で、

「取引所?販売所?どっちで買えば良いんだ?」

と悩むと思います。

仮想通貨を購入するにあたり、この取引所と販売所の違いを理解するのは、重要な事なので、今回は、

・仮想通貨の売買を始めようと思う方

・あまり違いを気にしていなかった方

などに向けて、次項より簡単に違いを解説していきます。

取引所とは?

まずは、取引所を解説します。

 

取引所とは、ユーザー同士でお互いの希望する金額と枚数が合致した時に、取引出来る所です。

例えば、

Aさん:BTCを900,000円で1BTC購入したい

Bさん:BTCを900,000円で1BTC売却したい

上記の様に、AさんとBさんの希望条件が合致した時に、トレードが成立します。合致するまでに、時間が必要ではありますが、その代わり、取引手数料などは不要なので、ビットコインを長期投資する際は、取引所で購入しておくのがおすすめです。

ですが、取引所では扱っている通貨が少ないのが現状で、欲しいと思った通貨は、販売所のみ購入出来るケースがあります(大半の取引所では、ビットコインのみ取引出来る)。

取引所のメリット・デメリット

メリット

・トレードするのに、手数料が不要

・自分の好きな条件で、トレード出来る

デメリット

・合致しない場合は、トレード出来ない(購入・売却出来ない)

・扱っている通貨が少ない

販売所とは?

次に販売所を解説します。

 

販売所とは、仮想通貨を仕入れ販売している所です。同通貨でも販売所によって、レートは変わりますが、ユーザーは即売買が可能です。

しかし、販売所に手数量を支払う事になります(スプレッド)ので、その点は注意が必要です。

例えば、

販売所:1BTCを900,000円で販売

Aさん:1BTCを900,000円で購入希望

販売所:では、手数量として902,000円いただきます。

Aさん:902,000円を支払い、900,000円分の価値のある1BTCを購入完了。

上記の様に、現在のレートより、少し手数料分を上乗せして購入する事になりますので、購入直後の段階では、手数量分マイナスになります。販売所は、この手数料で儲けているんですね。

手数料も販売所ごとに違いますので、

・手数料が安い販売所を探して購入すること

また、販売している通貨も、販売所によっては違いますので、

・販売している通貨の確認

が大切です。

販売所のメリット・デメリット

メリット

・欲しい値段で即売買する事が出来る。

・トレード出来る通貨が多い

デメリット

・手数料が必要になる

仮想通貨に投資する際は慎重に!

簡潔に、取引所と販売所の違いを解説しましたが、如何でしたか?

仮想通貨業界は、まだまだ発展途中の業界ですので、投資先に選択するには、成長が見込める状態です。

ですが、投資する際は、自分で納得した上で大切な資金を使う様にしましょう。

・ソース元の怪しい噂

・有名投資家が煽っている

などの理由で、ギャンブル的に買うのでは無く、あくまで参考程度に留めて、実際に買う時は、自分で納得した上で、余力のある資金で投資を行う事が大切です!

 

また、仮想通貨を扱っている交換所も、整備が完璧とは言い難いのが、現状です。

ですので、仮想通貨に投資をする際の、交換所を選ぶのも、慎重に行うのが良いと思います。

以下の記事で、おすすめの交換所を比較し、ランキング形式で紹介しておりますので、参考にして下さい。

現在、作成中・・・