ブログ運営

【手順】Google Search ConsoleでサイトマップをGoogleに送信する方法を解説

【手順】Google Search ConsoleでサイトマップをGoogleに送信する方法を解説

自身のウェブサイトのサイト構成(サイトマップ)を、Google Search Consoleを利用しGoogleに送信する事はとても重要な作業です。

送信する事により、送信したサイトがGoogleにどの様に認識されているのか確認する事が出来ます。

確認出来る項目は、

・検索結果に表示する為の、Googleクローラーの巡回率を確認

・どの様な検索キーワードで、アクセスしてくれているのか確認

・サイト内のリンクは有効なのか確認

など多数ありますが、これを無料で確認する事が出来ます。

 

また、特に重要なのが、新規サイトなどを立ち上げた時です。

立ち上げ時は、Googleのクローラーに発見して貰うのが難しいので、新規記事を投稿しても中々Googleに反映して貰えません。

なので、その際は運営者側から「こんなサイトがありますよ」と知らせてあげる事が大切です。

 

そこで今回は、Google Search Consoleを使用し、Googleへサイトマップを送信する方法を解説します。

その前に・・・

サイトマップとは?

サイトマップを送信する手順に入る前に、冒頭にも記載しておりましたサイトマップについて簡単に解説しておきます。

サイトマップとは、サイト全体の構成をリスト形式で作成したものであり、検索エンジン、検索ユーザーに分かり易く一覧化したものです。

このサイトマップを作成する事により、Googleクローラーにサイト情報を取得して貰う

・スピード

・正確性

が向上します。

サイトマップの作成は、Google XML Sitemapsプラグインをインストールし有効化するだけで作成する事が出来ます。

以下で解説する、サイトマップを送信する手順の中にインストールする手順も記載しておりますので、今は「そんなものがあるんだ」程度で大丈夫です。

次に、サイトマップには大きく分けて2種類ありますので、その点について解説します。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは、HTMLコードで書かれており、主にユーザーに向けて作成します。

「このサイトのここには、このページがある」などを分かり易くする他に、ユーザーが今サイトの何処にアクセスしているのかなどを、教えてあげる効果があります。

HTMLサイトマップは、サイト内の地図とイメージすると分かり易いかと思います。

XMLサイトマップ

次に、XMLサイトマップです。

XMLサイトマップとは、XMLコードで書かれており、主に検索エンジンに向けて作成します。

新しいページを作成したり、クローラーに見つけて貰いにくいページを、見つけて貰い易くする役割があります。また、検索エンジンに正確な情報を取得して貰うスピードも速くなる効果もあります。

XMLサイトマップは、クローラーへの道しるべとイメージしましょう。

【本題】Googleにサイトマップを送信する手順

Google Search Consoleにログイン

では、簡単にサイトマップについて解説した所で、ここからは本題である、Google Search Consoleを使用しサイトマップをGoogleに送信する手順に入りましょう。

 

まず、「Google Search Console」にログインします。

※Googleアカウントが必要になりますので、アカウントが無い方は、まずGoogleアカウントを作成する必要があります。

 

Google Search Consoleには、以下のURLよりアクセス出来ます。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

ログイン後、ウェブサイト追加画面が表示されますので、サイトのトップページURLを登録していきます。

当ブログの場合はhttps://freeeely.comを登録する事になります。

下記図の赤枠部分にトップページURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。

 

入力後、所有権の確認画面が表示されますので、「別の方法」タブをクリックし「HTMLタグ」を選択します。

※以降の手順は、WordPressテーマ「Simplicity2」での追加手順となりますが、どのテーマでも登録する流れにそれほど差異は無いと思います。

 

「例を表示」を選択し、content属性内の値をコピーします。ダブルクォーテーションは不要です。

※このページは閉じないでください。後ほど使用します。

 

コピー後、自身のサイトに戻り「外観」→「カスタマイズ」→「アクセス解析」と進んでいただき、「Google Search ConsoleのID」に先程コピーした値を貼り付けます。

 

貼り付け後、変更を保存します。

 

保存後、Google Search Consoleに戻り「確認」ボタンを押し認証完了した事を確認して下さい。

Google XML Sitemaps

次に、WordPressで作成したサイトに「Google XML Sitemaps」プラグインをインストールし、有効化します。

 

プラグインを有効化後、「設定」→「XML Sitemap」と進んでいただき、「XML Sitemap」で表示される下記部分をコピーします。

※少しモザイクを入れてますが、赤枠部分全てコピーして下さい。

 

コピー後、「Google Search Console」に戻り「クロール」→「サイトマップ」と進んでいただき、「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

 

「サイトマップの追加/テスト」画面が表示されますので、先程コピーしたURLを貼り付けます。

 

貼り付け後、「テスト」をクリックします。テスト後問題が無ければ「送信」をクリックすると、Googleにサイトマップを送信する作業は完了となります。

以上で、Google Search Consoleを使用しGoogleにサイトマップを送信する手順は終了です。